FB過去記事まとめ トップページ 文章コンテンツTOP コラム目次
FB過去記事まとめ
男女共著シリーズ
昔のブログから
ブログ
佐々木明里FB

陰謀に打ち勝つ方法

FBを見てると、ちょくちょく陰謀論だったり裏の組織やらの話題が出てきますが。。

私は、というと、あまり気にしたことがありません。

生きづらくなる(選択肢が制限される)のは嫌だな、とは思うけど…
たとえ陰謀があったとしても、
自分の心がそれに影響されることはないことを知っているから。


私の喜びは、
誰にも奪うことはできないもの。



たとえ脅されても、
自由がなくなったとしても、
家を奪われても、
手足を奪われても


私の内側の穏やかさを奪うことなど、決してできないから。

(死ぬ瞬間に「あぁ、なかなか面白い人生だった」と満足して死ねる、
っていう根拠のない確信だけは物心ついたときからある。笑)



私の人生の喜び、それくらいで減らしてたまるかっ。笑


それは、私は誰にも支配されることはない、
陰謀なんてものは、私には役に立たない、
無効だということの宣言でもある。

戦う前から勝利しているようなもの。
つまり、戦う必要なんかないということ。
怖がる必要もないということ。




陰謀というものが、たとえあったとして・・・
それを可能にしているのは、
自分の人生を他人に明け渡してしまった私たちだよ。


陰謀は、だまされる人(支配される人)がいないと成立しない。
脅しても誰も動かなければ無力なの。


社会をつくっているのは、
上にいる少数のエライ誰かじゃない。
大企業が何百、何千という社員一人ひとりがいなければ機能しないように、
社会をつくっているのは、
実は私たちひとりひとりだよ。


今の世界が変わらないのは陰謀のせいじゃなく、
一人ひとりがあきらめているから。
やる気を失っているから。


私たちには変えられない、と。



陰謀論に甘えてちゃいけないんだ。
陰謀も裏の組織も関係ないよ。

それがなくなれば、世界はよくなる、んじゃ、ない。

なくなったとしても、
「私は世界がどうなっているか知らない。何とかしてくれる」
そうして放り投げたままなら、世界は今のままだから。


白馬の王子様みたいにヒーローが現れたとしても、
たった一人のヒーローに頼り切ったとしたら、
ヒーローだってつぶれてしまうよ。
(その前に、やる気のない周りを見て意気消沈しちゃうかもしれん)



本当に変えていくのは、
一人ひとりがやっていくしかないんだよ。
世界を支えている、ほんとうの構成員である私たち。


それは、意思さえあれば、
(そして、それはひとりではないから)
リアルに変えることのできる世界だということ。


人々が満たされて、幸せそうにしている世界で、
陰謀なんて、どれほどバカらしく見えるだろう?




自分の人生の主導権を握ること。
自分で見ること。知ること。考えること。
自分で選択すること。
それこそが、支配されない唯一の方法だよ。


被害者のつもりでいる限り、
いつまでたってもおびやかされ続ける。
(陰謀じゃなくても、そこらへんの嫌な誰かや自分の中の恐怖や怒りなんかにね)



一人ひとりが、心地よい世界にいることはできる。
また、心地よい家、心地よい人間関係、
心地よい職場、学校、病院、心地よい地域社会・・・
それは、意思さえあれば、意思がある何人かさえいれば、
自分たちの手でつくり出せるもの。



それが広がれば、
世界は変わっていくし、
変えられるということ。

 

そんな職場が、地域社会が増えていけば、、
そこで、人がこころからの幸せを感じているなら、、、


陰謀なんて、どれほど無力だろう?
支配される必要のない人を支配するなんて、できないんだよ。
無力にすることができるチカラをもっているんだよ。

 




自分たちの力を知らないのは、私たちのほうかもしれないよ。



私たちができることは、
ひとりの力は、
私たちが思う以上に、大きいんだ。

 

Page Top