FB過去記事まとめ トップページ 文章コンテンツTOP コラム目次
FB過去記事まとめ
男女共著シリーズ
昔のブログから
ブログ
佐々木明里FB

自己犠牲は、本音からの逃避

「私が我慢すればいいんだから」
「空気を壊したくないし」
「気は乗らないけど、別に嫌ってほどでもないし、いっか」


自己犠牲は、日常化してしまうよ。

慣れてしまうんだ。

いや、ごまかしてしまうの。


この、苦しい自己犠牲の「飲み込む感覚」って、
「本音を飲み込む感覚」そのものなんだよ。


本当は嫌だとか、
こうしたいとか、
こう思うとか

言ったら場や関係を壊してしまうと怖いから。



自己犠牲って、
「犠牲になればいい」なんて、
思いやりでもなんでもないよ。


ただ怖いだけ、
逃げなんだよ。


相手からの、ね。
自分からの、ね。

「自分は価値がない」っていう無価値感から来てるんだ。
自分の本音を尊重できないのは、
それだけ自分を尊重していないから。
「相手に伝える価値なんてない」と思うくらいに。

嫌な顔されるのが怖いとか、
断られるのが怖いとか。


そうして、
「あぁ、やっぱり私は嫌な人間なんだ」と
突きつけられるのが怖いんだ。

自分の価値のなさに向き合わされるのが怖いから。
罪悪感が襲ってくるのが怖いから。



それだけ、
自分は価値がないと、信じてしまっているんだよ。

こんなにもかたくなに。

それだけ、
自分のことが許せずにいるんだよ。

本音の自分を、隠したくてたまらないんだよ。

 

本音を飲み込んだとき、
飲み込むのは「本音を言えなかった痛み」だけじゃないんだ。


「こんなことを思っちゃダメだ」
「私、本当は嫌なやつだ」


自己無価値感や自己嫌悪感や罪悪感も、
まとめて一緒に飲み込んでる。

だから、たまってくるとめちゃくちゃ苦しくなるんだよ。

自己犠牲のクセからなかなか抜けられないのも、
そのため。

「我慢すればいいや・・・」
その思いだけじゃないんだもん。


自己無価値感に気づかないと、
どうしたって自分のことを尊重しようと思えないんだよ。




気づいたらやめていくんだよ。
自分で信じて、
言い聞かせてるだけだから。


誰もあなたのこと責めてないのに、
自分で責めてるだけだから。

 

自己犠牲のときって、
ほかの人より自分が「下」にいるの。

でも、ほんとはそうじゃないよね。

あなたも、ほかの人と「同じだけ」尊いんだよ。

あなたにも、
価値があるんだよ。

(こんなに当たり前のことを、信じられなくなってしまっているの)

 

価値がないと思うから、怖くなるんだよね。

自己犠牲は依存でもある。

自分で決めたくないから、
自分で選びたくないから、
自己犠牲を選んでしまったりするの。



自分の魂と、自分の人生を大切に生きようと決めると、
もう誰かの犠牲になって生きることはできないとわかってくる。
誰かの「せい」にしてたら、いつまでたっても「自分」なんて生きられないから。

 

自分のことを本当に理解して、
見つめて、寄り添って、一緒に歩んであげられるのは、

自分ひとりだよ。




自分の可能性と、
自分の価値と、
自分のすでに持っているものの豊かさを

 

信頼していこうよ。

あなたが、気づいていないだけなんだよ。



あなたが開かないと、
あなたの深くにある「この世界への贈り物」は、
現れることはできないんだよ。

・・・・

 

Page Top