FB過去記事まとめ トップページ 文章コンテンツTOP コラム目次
FB過去記事まとめ
男女共著シリーズ
昔のブログから
ブログ
佐々木明里FB

未来に助けてもらう生き方

こうなったらどうしよう、という不安は、
言い換えれば「未来」というものが、
自分からなにかを奪っていくのではないかと不安になるってこと。。

 

大切なひと。お金。自由。可能性。健康など…
つまり、未来は私からなにかを奪う「敵」に「見えている」ってこと。

 

そもそも未来、なんて仮定で「これからできていく」ものだけど、

仮想の敵と考えることができるなら、
逆もあり得るんじゃない?

 

未来を「仮想の味方」と捉えたらどうなるんだろう。


未来が、自分になにかを与えてくれるものだと捉えるなら。
助けてくれる存在だと見るなら。

そしてこれが、考えてみたらなかなかに真実味もあるのだ。


未来は大切なひとを与えてくれる。
なぜなら、未来にいる私は今の私より、ひとを大切にするとはどういうことかを理解しているから。今より、大切なひとを大切にできるようになっているから。
また、実際に新しいひととのつながりも増えている。


未来は知恵を与えてくれる。
なぜなら、未来にいる私は今の私より経験を持っているから。
知恵があるということは、それだけ可能性も与えられたということだ。


未来は新しい私を与えてくれる。
なぜなら、そこにいる私は、今の私のできない新しいことができるようになっているから。
今の私から見たら、新しい性質を与えてくれたということだ。

 

未来はお金を与えてくれる。

なぜなら、、、今の私から見たら、
1年後の未来は、今から1年分の生きて行くのに必要なものを私に与えてくれたということだから。



未来はいつも私を助けてくれる。
未来は私にたくさんのものを与えてくれる。

ということは、今の私は安心していればいいね。
そこには「大丈夫」な私がいるんだから。


ほら、思い返してみても…
1年前の自分から、今の自分(1年前の自分にとっての未来)を見たとき
「なんだかんだ、なんとかなってる」と思わない?
与えられたものって多いと思わない?



結局、さ。
未来は私からなにかを奪っていくのではないかと不安になってた時もあったけど、
私は「わりと平和に生きている」現在があり、
過去の私は仮想の敵と戦っていただけだと言えば、そう。

未来を仮想の味方にして、助けてもらってるつもりで安心していても、
結局「わりと平和に生きている」にたどり着くのが同じであるなら、
未来を「仮想の味方」にして助けてもらう生き方、の方が幸せでいられるよね。

 

見方を変えるだけ、といえば、そうだよ。


でも、それだけとは言えない部分もあるのよ。


さらに考えてみる。


不安でいる時と、安心している時っていうのは、どんな行動をするのかも違うっていうのが人間。
不安でいるときは行動は自然と消極的になり、
安心しているときは自然と積極的になる。

積極的な行動からは、
より多くの経験と、知恵と、機会やつながりが生まれる。

 

見方を変えることで、

想い(恐れから安心へ)、
行動(消極的行動から積極的行動へ)、

それを変えていくってこと。

 


想いと行動が変われば

未来なんて自然と変わる。


恐れ(欠乏感)から生み出されるものと、
安心(満足感)から生み出されるものは、

違うよね。
そこから生まれる毎日も。

さて、どっちがより多くの幸せを創り出せるでしょう?

 



そして重要なもうひとつ。
人間は安定しようとする。
負のスパイラルにいるときも、じつはそこに居続けることが「安心」になってしまう。
だから、スタート(在り方)を変えるってことが必要なわけで。

 


で、どうでしょう、「仮想の敵」と戦う在り方から、
「仮想の見方」に助けてもらう在り方、は。
悪くはない、でしょ?( ̄▽ ̄)笑




なにより、も。

 

じつは人間って、

置かれてる状況じゃなく、

「苦しい」という感覚に苦しんでるだけだから。。。

 



「いま、安心する」
それだけで、多くの「問題」が解決しちゃうのは、
わりと「事実」なのだ。

 

Page Top