FB過去記事まとめ トップページ 文章コンテンツTOP コラム目次
FB過去記事まとめ
男女共著シリーズ
昔のブログから
ブログ
佐々木明里FB

自分の責任を取る生き方

人を責めるのって、
つまり「自分には何もできない」っていう諦めがあるってこと。


だからなんとかしてよ、って怒りが入ること。
自分の責任じゃない、ってどこかで思っているってこと。


でも、それだとやっぱり変わらないわけで。
だって、そうした思いが、人に支配させることだって許してしまうのだから。

自分には力がある、ってちゃんと知ることなんだと思うんだ。
自分で責任取るってこと。



世界に対して、の話になると。


自分には変えられる力があるっていうのは、
世界を構成している一人が自分である、という責任を引き受けることでもあるよ。

だって、世界は人間ひとりひとりの集合体だから。

 

そろそろ「誰か上の人」とか、
たった一人の人が世界を変えるんでなくてさ、


私たちひとりひとりが変わってそれを広げて、
全体を変えていこうよ。



そうして「結果として」起きた変化は、
揺らがないよ。

だって、誰かから強制されたものではないから。
ひとりひとりが自分の意思で選んだものだもの。

 


それぞれが自分の分の人生に対して責任を取り戻すこと。


誰かのせいにすることが「いけない」んじゃなくて、
そうしていると苦しいよ、ってこと。
誰かに自分の人生の責任を預けてしまうのは、
実は自分を苦しめるから。

んで、ひとりひとりが苦しんでるから、
世界も苦しんでるんだよ。



自分の意思で選ぶ。
選べることを知って、選択肢を探してみる。
自分一人分を、しっかり生きる。
自分はこうしたいのだ、こう思うのだ、と表現すること
(それは目に見える表現だけとも限らないと思う)。



自分の力を信頼すること。
ひとりひとりが。
そうすれば、根本から変えられるんだよ。

 

Page Top