プロフィール トップページ プロフィール
書家としての佐々木明里

1990年生まれ。
うちゅうの仕事人♪ちきゅうセラピスト。書家。

小学校2年の頃不登校になるが、母親の理解もあり「明るい不登校」を経験。
(ではあったけど、やっぱり劣等感に悩む。笑)

自宅学習で学び、約半年ごとに登校・不登校を繰り返していた。
その頃から、一般に「当たり前」と言われることに違和感を感じ、「なぜ」とひとり考えていた。

16歳の頃、生きづらさに限界を感じ、セラピーを受け始める。
高校を中退し、何もする気が起きずに数ヶ月布団の中で音楽を聴き続ける。
セラピーは1年ほど通っていた。ソマティック・エクスペリエンス&ハコミセラピー、
フラワーエッセンス、ヒプノセラピーの3つ。同時期、過食の経験もあり。
(ここでも独学タイプで、その後は癒しを地道にコツコツ。笑)

自分の癒し・自己探求はストイックな程ながらも自分を癒す過程を楽しんでいた。

直感に従い、 長野、沖縄、十勝と、住み込みで働く。
十勝の農場(畑)では、2年半働き、 そこで出会った人と2012年に結婚、翌年離婚を経験。

2014年2月に、自分の価値観を生きる!と決め「地球人っぽく生きるのやめました〜ニンゲンッテ、ワカラナイ。から、見えてきたもの。」というブログを書き始める。
Facebook・ブログでのメッセージ発信やコンテンツの創作が現在のメイン。
多数に向けての発信が活動の中心であり、ほかには有料ラジオや各地でのお話会など。
個人セッションはしていない。
筆文字ロゴ制作やオーダーメイドの作品の制作をする書家としても活動。

大垣迅平との共著で「男女の対等なコミュニケーション」についても発信中♪

 

私、どれだけ自分を無視してきたんだろう?

初めてそれに気づいてから、 やっと自分の声をきくようになって。

あとはひたすら、自分を癒しつづけた。
すると、自分の本質に近づいていく。

そうしたら、 自分が昔から感じていた「違和感」を思い出した。

もっと世界には別の在り方があるのに、 どうしてみんなこんなに狭い世界で生きているんだろう??

 

世界は、もっとシンプルなのに!

その視点から、世界を見てみようと思った。 自分の視点で、世界を語ってみようと思った。

他人とまるで違う世界が見えているのかもしれない。
じゃあ、それを伝えてみよう。 面白いと思ってくれる人が、いるかもしれない。

地球は、私にとって「アウェー」だ。 そうして「地球で生きる宇宙人」と名乗って、ブログを書き始める。
これが、宇宙人宣言。笑

 

「当たり前」も「常識」も、 ちっとも当たり前じゃないんだよ。
人間はヘンテコな価値観の中で生きてるんだよ。

そこから出たら、自由な世界が広がっているかもしれないよ。

 

人間は、自分たちでつくったドラマにはまり込んでいるだけ。

魂に嘘をつくのは、もうやめよう。


誰かのお手本をなぞるんじゃなく、
自分の足で立って、自分の目で世界を見よう。

一人ひとりが、自分の魂に尋ね続けていく。
一人ひとりが、自分になっていく。自分の世界を、自由にしていく。

 

世界はもっと、自由だよ。